先月、東京町田市のサロンさんで、化学物質の経皮毒や放射能、遺伝子組み換えについての勉強会を開催させていただいた。
一時間半ほどの時間だったが、マスコミではほとんど公表されない問題について、私たちの生活にどう影響し、そしてどう対処していけばいいのかについて、スライドを使いながらできるだけ分かりやすく話させていただいたつもりだ。
もともとサロンさんから様々な情報を発信されていたので、問題意識を持った方々にお集まりいただき、とても有意義で楽しい時間を共有させていただいた。

今日、参加された方の感想がとても良かったと、嬉しい7ページもの手紙(報告)をいただいた。
こんな時、本当に勉強会をして良かったとつくづく思う。

ピリカ手紙

化学物質については、もう20年近く話をさせていただいている。
改めて思うことは、その20年という月日の中で、問題はほとんど解決されていないし、情報開示も進んでいないということだ。ヨーロッパなんかに比べると、わが国や行政の腰の重さに愕然とするし、そもそも国民の知る権利そのものが軽視されているように思う。

ただ、明らかに消費者の意識レベル、問題意識は変わってきている。
きっとヨーロッパだって、消費者自らが知ろうと情報を収集し、事実を知り、企業や行政への投書や不買行動そして選挙で意思表示することによって、今を創ってきたのだろう。社会はみんなで創っていくもの・・・そんな当たり前のことを感じる今日この頃・・・。
我々もがんばんなきゃ。


The following two tabs change content below.
北出敏行

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。
北出敏行

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です