1997年に発売になったビーワンシステム。

 

 

発売当時は、美容室でお使いのパーマ液やカラー剤に混ぜて使っていただくことでパーマやカラーの刺激や臭いを緩和し、排水の環境負荷を減らしていくことを目的に、講習会や臨店講習などを通じて取り扱いサロンを増やしていくことがスタートだった。

しかし、講習会では上手くいっても、臨店講習ではパーマはかからない、カラーは染まらないということも多く、クレームも絶えなかった。

ところが、100匹目の猿ではないが、使いこなせる美容師さんが増えていくと、不思議とかからない、染まらないというクレームも減っていく・・・。

技術的なことも勿論結果に作用するが、水(ビーワン水)で希釈しても「普通にパーマがかかる」と思い込んでいる人は綺麗にパーマが「かかり」、疑いが強い人は「かからない」という結果も多かった。つまり、その人が思い込んでいることがこの目の前の現象として現れるということを知るきっかけとなった。

水はエネルギーの媒体であり、我々の思考はエネルギーである。我々の人生やこの地球で起こっている多くの事は我々の思考の結果であり、現実を変えていくには小手先ではなく原因となる思考 = 価値観そのものを変えなければならない。そのことを学ぶためのツールとしてビーワンが与えられていると我々は多くの体験を通して気づいてく。

ビーワン開発者の佐藤先生の説く「中心原理 = 宇宙の原理」という訳の分からない話し(笑)を理解することに一生懸命になり、まるで子供がいろんな発見に日々ワクワク感激するように、ビーワンに関わる多くの人がビーワンという水の奇跡や日々の気づきを楽しむようになる。意識が変わることが面白くて、夜な夜な仲間たちと語り合う。そんな話題が中心だから「ビーワンは宗教だ」と言われることも多く、思うようにビーワンが広がらずビジネス的には厳しい時代でもあったが、そのころが一番楽しく充実していた。みんなが目をキラキラさせながらビーワンを語り、伝えていた頃を懐かしく思う。

 

やがてビーワン市場が大きくなり、販売チャネルも複雑化していく中で、中心原理や環境のこと、心の在り方よりも、どんな仕組みにすれば拡販できるか・・・ということが中心になり、ビーワンは大好きだけれども伝え広めることに楽しさを感じなくなっていったが、それでもビーワン発売から24年経っても、ビーワンに変わるものは世の中になく、弊社の主力商品であることも変わらない。

 

2021年。新型コロナウイルスだけでなく、異常気象による大雪等、自然災害も後を絶たない時代の中で、今だからこそ想いを正すこと、想いのチカラで現実を変えていくことが必要なのではないかと思う。

もう一度初心に戻ってビーワンを楽しくワクワク伝えていきたい(笑)


The following two tabs change content below.

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です