7週連続で週末になると雨続きだった北海道。先週(6/5-6)の土日はなんと8週ぶりに天気に恵まれ、岩見沢のプライベートキャンプ場でキャンプを楽しんだ。

プライベートキャンプ場と言っても本来はキャンプ場ではなく、知り合いの別荘の広大な庭だ。敷地内には池があり、川も流れている。そしてオーナーも犬好きとあって、ノーリードでアンディもまりりんも自由に過ごすことができる。

自分の他にソロのキャンパーさんが二組の予定だったが、後からソロの方が3名やってきた。緊急事態宣言下の今、オープンしているキャンプ場も限られている。久しぶりに晴れた週末だけあって、この日はオープンしているキャンプ場はどこも満場で行き場がなく、「行っていいですか?」と連絡がきたそうだ。

初夏の陽気で気温も上がり、ビールもすすむ。「今日はしこたまビールを飲んで過ごす」と決め、ソロキャンプなのに炭を起こし、バーべーキューをして楽しんだ。

雪が解けるといつも週末の多くをキャンプをして過ごしてきた。しかし今年は、悪天候と緊急事態宣言でなかなかキャンプに行けない。この日もGW以来のキャンプだ。

一日も早くコロナが終息し、当たり前の日常に戻ってほしいと思う。

 

しかし、前にもブログで少し触れたが、自然発生のウイルスにせよ、人工的に造られたウイルスにせよ、根本的にそれらを抑え込むチカラは、自然界に根ずく菌やウイルスに他ならない。自然界のバランスに他ならない。この地球には陸上、海洋含め約900万種の生物が存在すると言われている。そのすべてが精妙な化学平衡で繋がり命を支え合ってきた。ところが人間がその平衡を壊すことによって、命を支え合うバランスを壊してしまったのだ。

どんな新薬が出ようと技術の進歩があろうと、それが自然のバランスを取り戻すためのモノでなければ、たとえコロナが終息したとしても、第2第3の危機が我々人間に降りかかることは想像に難くない。

この問題を解決する方法はたった一つ。

地球環境を守り、全生命の命のつながりを取り戻すことだ。

経済優先の価値観から、地球環境保護の価値観への転換。言うことは簡単だが、それを実践していくのは難しい。

世界中の人たちがそこに意識を向けて協力・協調しなければできないことだからだ。

だが、、、そこにこそ明るい未来への解決策は存在しない。


The following two tabs change content below.

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です