ブログ

事務所の庭にある栗の木は、小粒ながら毎年沢山の実を落としてくれます。
(きちんと手入れをすれば、大きくて立派な実がなるのかもしれませんが)
義父が庭の草むしりに来ていた頃は、その実を集めて家に持ち帰り、義母が栗ご飯を作ってくれたこともあります。あまりにも実が小さいので、皮を剥くのが一苦労だと言いながら。

今年友人のブログで、栗は圧力鍋にかけると渋皮ごとつるんと剥けるという記事を読みました。
へえ?と感心したものの、 家の圧力鍋でもできるじゃんと気付くまで数日かかり(遅すぎ…笑)、結局今年は実行せず終い。
栗は木を離れたら乾燥してすぐ風味が落ちると聞いたことがあります。来年はイガ栗坊やが降って来るのを逃さず、ぜひ 新鮮な栗を調理してみたいと思います。

地面に散らばっていたイガをよけながら、今年はもうおしまいだなあと思った2、3日後に、枝に残っていたらしい最後の栗が落ちていました。

冬はもうすぐです。

IMG_3994.JPG

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 究極のヘナが誕生。
  2. 世界的なミツバチの減少が叫ばれて久しい。
  3. 演題「自己治癒力の高め方」「病気の本質」「環境問題と健康」(写真は2018.11.11....
  4. 10連休のGWが終わった。おそらく10日間の休みは、社会人になってから初めて。
  5. メディア掲載日本一のスパニストから学びディプロマを取得した極上のヘッドスパが伊達市の麗人...

カテゴリー

アーカイブ