ビーワン、トリニティは、高次元のエネルギーが働いていると言われている。

ビーワンは四次元。トリニティは六次元。

我々の生きる三次元科学では解決できない問題も高次元の科学を持ってすれば解決できることを、我々はこの20数年の体験の中で幾多の奇跡を目の当たりにしてきた。

 

化学物質やウイルス、菌などを消し去ってしまうこと。

三次元レベルではあり得ない蘇生現象や一瞬にして起こる成長速度。

そこには確かに、我々の生きる3次元の時間や常識いうレールを超えた現象が存在する。

かつてビーワンのパーマをかけた翌日、その人の頭に何十もの蝶が群がるという写真がある雑誌に載ったことがある。本来なら劇毒物に分類されるパーマ液が残留する毛髪に、自然界の昆虫が群がることはあり得ない。おそらく蝶は、心地よい空間=光=生命エネルギー溢れる場として、ビーワンでパーマをかけた毛髪に集まったのだと自分的には理解している。まるで元気な美しい花に群がるように。

そう考えると、トリニティで処理した魚網にたくさんの魚が入る理由も理解できる。光=生命エネルギーとして、生命そのものが求めているのだ。

かつて我々人間にもその能力が普通にあったと言われている。お釈迦様などの仏像の輪光も生体エネルギーを表しているとされる。その神々しい光は多くの人を救い、癒し、元気にしたのだ。

 

不思議とインフルエンザなどのウイルスにも効果があるとされるトリニティ。抗菌や殺菌作用があるわけではないが、何故か抜群の効果がある。ある人が、それは三次元から高次元に次元そのものが変わるからだといったが、怪しいけど、自分もそうだと納得している(笑)。

 

ようこそ、異次元世界へ!


The following two tabs change content below.
北出敏行

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。
北出敏行

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です