ランサムウェアという、データを勝手に暗号化して、その復元に身代金を要求するというコンピュータウイルスが猛威をふるっている。メールを開いて感染するだけでなく、普通に興味のあるページを閲覧しただけでも感染する。その場合、そのページに不正に置かれた広告バナーなどが感染を引き起こすらしい。

cp1

この4月になって被害が深刻化しており、IT機器メーカーはじめ、ウイルス対策ソフトの会社などからも注意喚起が頻繁になされている。しかし、このウイルスに対する完璧なセキュリティー対策は今のところ確立されておらず、ウイルス対策ソフトをデバイスごとにインストールすることは勿論、データのバックアップを頻繁にとったり、怪しいメールや必要のないサイトの閲覧は極力控えたりするなど個人での対応が求められている。我が社においても、その辺の対応は皆で共有している。

さて、、、、
一昔前までiphoneはウイルス感染しない・・・と言われてきたが、それも過去の話。
いろいろ調べ物をしたりと利用頻度の一番高い我がiphoneにも、今回を契機にセキュリティソフト(アプリ)をインストールした。
一年3000円・・・これが高いのか安いのかは分からないが、買ったアプリの中では一番高額(笑)。
ただ自身が送ったメールや画像が原因で、会社や誰かのパソコンを感染させてしまったら、それこそ賠償問題にもなりかねない。

30年ほど前、コンピューターウイルスという言葉に、ある友人が「コンピューターも風邪をひくのか」と真顔で言っていた。
当時は笑い話であり他人事でもあったが、スマホという高性能なコンピューターを誰もが持つ現代は、そんなリスクを誰もが負いかねない時代となった。

友人、知人、関係者の皆様。お互い気を付けましょうね。


The following two tabs change content below.
北出敏行

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。
北出敏行

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です