ブログ

除染にバクテリアの力

昨夜、バクテリアに放射性セシウムを取り込む性質があるとして、実用化に向けて実験を重ねていく予定というニュースが流れました。

このバクテリアは青函トンネルなどに生息している鉄バクテリアで、金属を食べる特性を持っているそうです。シートにバクテリア付着させて福島県の水田で実験を行ったところ、泥の放射線量が3分の1に減ったというのです。これを研究されている方は今後の実用化に向けて様々な条件で実験を重ねていく予定ですと話していました。

自然の働きはすごいと感心した反面、セシウムを取り込んだバクテリアが堆積された後、その処理はどうするのだろうか、汚染はそこで完全にストップするのだろうかと素人考えは堂々巡りです。

ともあれ、除染を急がなければならない今にとっては明るいニュースですね。

そして、二度とこのようなことを起こさないよう、一日も早く根本的な解決がなされますように!!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 究極のヘナが誕生。
  2. 世界的なミツバチの減少が叫ばれて久しい。
  3. 演題「自己治癒力の高め方」「病気の本質」「環境問題と健康」(写真は2018.11.11....
  4. 10連休のGWが終わった。おそらく10日間の休みは、社会人になってから初めて。
  5. メディア掲載日本一のスパニストから学びディプロマを取得した極上のヘッドスパが伊達市の麗人...

カテゴリー

アーカイブ