ブログ

「完成したらもったいない」5月11日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「完成したらもったいない」です。
大正から昭和初期を駆け抜けた童謡詩人、金子みすずさん。
彼女の詩は、80年以上経っても、私達の心に新鮮に届くのは、一体なぜだろう?
私達が、幼い日に口ずさんだ童謡と同じように、
やはりそこには、誰の心にも映し出される記憶のかけらと結び付く、素直な自分の心と出会える『入口』なのかなぁと思います。
////////
『星とたんぽぽ』詩:金子みすず
青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼にみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。
散ったすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。
////////
北海道ももうすぐ田植えの時期を迎えます。
土に種もみをまいて、うすく土をかぶせた種は、発芽の準備が整うと、一斉に芽を出し始めます、、準備も大切な時間ですね
『どうしても咲けない時は、下へ下へと根を伸ばす、つらい日々も笑える日に繋がっているのです。』渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」より
晴れの日には、見える芽を伸ばし、雨の日には見えない根を伸ばす植物のように、
自分の置かれた環境が、物事がうまくいく晴れた日でも、思ったような形にならない、雨や嵐の日でも、必ず『伸びる』場所がありますね。
けれども、自分自身では、その事実に全く気づけないこともしばしばです。
【大丈夫、全てはうまくいっている】
『どんなことも楽しむ』と決めると、目の前の景色が一変します。
完成したらもったいない(笑)
未完成な自分が、成長する楽しみを、今日もワクワクと感じて生きましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 2019.2.18

    公園天国
    12月は雪が例年より少なくて「このままいけばいいなぁ」と思っていたが、年が明けて1月はドカッと雪が降...
  2. 妻「これ、婦人科系にいいかも?」  私「ん?婦人科系??」妻「腰の重だるさが楽になった〜。
  3. 2019.2.6

    群青
    群青ああ あの街で生まれて 君と出会いたくさんの想い抱いて 一緒にときを過ごしたね今 旅...
  4. 2019.2.4

    67,571
    67,571? この数字はなんだと思いますか?これは、平成30年中に札幌市に引っ...
  5. 1月20日札幌市、1月21日旭川市で、ヴィーダフル・スカルプセミナーを開催しました。

カテゴリー

アーカイブ