ブログ

「顔の知らない1万5千人」5月20日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)

今朝は「顔の知らない1万5千人」です。

『一日5人くらいから助けられてるかなぁ』

京都府視覚障害者協会副会長の松永信也さんは、講演会でこう語りました。

///////

『白い杖を使って歩くのは、上手なんやけど、いつも迷子になるんや。

例えば、街を歩いていてお腹空いたなぁと思うやんか。

匂いでこの辺にラーメン屋さんがあるっていうのはわかるねん。でも店の入口がわからへん。
だから誰かの足音が近づいてきたら、そっちに向かって
『すいません、ラーメン屋さんの入口を教えて下さい』って言うねん。
それから駅のホームに降りたらな、どっちが改札かわからへんようになる。
そのときも近づいてくる足音に向かって聞くねん。もちろん通り過ぎる足音もある。でもな、必ず止まってくれはんねん。
そうやなぁ、一日5人ぐらいに助けられてるなぁ。
僕もう十何年ほとんど毎日外に出てるけど、全部合わせて1万5千人以上の人に助けられてる計算になるんや。
僕はな、その1万5千人の誰一人、顔を知らん、でも、その人が助けてくれはったから、僕は今日ここにいるんや・・・』

////////

多くの方々に助けてもらったことに対して、人は、こんなタイプに分かれます。

Aさん『出来ない私って、何て、ダメなんだろう・・・』
Bさん『私はスゴイんだから、周りが私を助けるのは、当たり前だ』
Cさん『助けていただいて、今日もありがたいなぁ』

どのタイプが、日々、幸せな生活を送れるでしょうか?
あなたは、どのタイプですか?

私は外回りの営業活動が主な仕事ですが、
その仕事が成立するためには、
商品を発送したり、伝票を整理したり、在庫管理、発注業務、会計処理などを勤める事務職は不可欠です。

もっと広くは、宅急便の方々、商品開発に携わる方々までがいなければ、

私の仕事はそもそも成り立ちません。

顔も名前も知らない方だらけなんです。

今日は、そんなことを感じました。

自分の足で立つ、一身独立することは、大切。

しかし、その環境を支えてくれる、自分に関わるすべての人に感謝する気持ちは、

何よりも大切ですね。

私も、この盲目の松永さんの言葉から、

あらためて、『感謝しなくちゃなぁ?』と感じることが出来ました。

皆さんは、いかがですか?

今日も、清々しく、きれいな気持ちで参りましょう!V(^0^)

限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」
(自分自身を)「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 就職したら犬を飼うこと。
  2. 基本毎日500mlのペットボトルにこの『黒い水』を作り持ち歩いていて、一日かけて少しずつ飲んでいる。
  3. 理美容室必見の新+メニュー【クイック・スカルプケア】施術タイムはシャンプーの時間をわずか10分延長す...
  4. 【想像してみてください】物静かな空間で、自分自身と向き合うひととき&nb...
  5. ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社「PayPay」が今年6月に設立され、新しくキャッシュ...

カテゴリー

アーカイブ