20201月から公開された西武そごうの新CMが今話題ですね!
人気力士の炎鵬が出演して文章を読み上げる。
文章は下記の通りです。
///
大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんか起こらない。
それでも人々は無責任にいうだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。
///
これを逆に下から上に読み上げると・・・
そうなんです。これは逆さ文章になっていて、
意味が全く真逆の展開になるのです。
考えた方に大拍手ですね!
このCMから一つの気づきがありました。
それは、
ネガティブとポジティブは別なものではない。
ネガティブを手放すからポジティブが手に入るわけではない。3次元密度ではもともと両方を持っている。
【ポジティブとネガティブは一つ】
つまりポジティブという高い波動、振動周波数にネガティブという低い振動周波数をオモリとしてつけている。それを一つ手放すと、ポジティブが少し浮いてくる。
タマネギの皮のようなネガティブを一つ一つむいて手放していくと、ポジティブがハッキリとくっきりと鮮明に浮かび上がってくるということです。
別の角度から見ると、
不安を手放すから安心が手に入るわけではない
【不安と安心は一つ!】 ですね!
統合していくと、不安がだんだんと力を失くしていくのがわかる。
不安の感覚、感じ方が薄くなっていくというのは、こういうことだったんですね!(^^)
内なる自身の分離の線が消えてゆき統合してゆくことの、【別の角度からの視点】に、また一つ気がつきました!
ありがとうCM感謝(^^)

The following two tabs change content below.
アバター

橋本浩

取締役
好きな言葉 「人は花になれる!」周りを和ませ心を笑顔にさせる力がある花、私も花になれるように生きていきたいです。 「一隅を照らす」そんな生き方を目指しています。 北海道岩見沢市生まれ。岩見沢東高等学校卒、北海学園大学経済学部卒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です