今朝のめざまし8で谷原さんが「ファイザー社が、ある若い子の心筋炎をコロナワクチンの副反応だと認めた」とコメントした。

2021年12月6日、アメリカの心臓協会(AHA)は、小児の心筋炎患者の98%がコロンワクチンの副反応だと報告している。

日本でも過去10年間、心筋炎による死亡者平均76名に対し、2021年は15500名以上の方がすでに死亡しており、厚生省も「心筋炎」がワクチンによる重篤な副反応だとそのリスクをつい最近認めた。

ワクチン接種後の死亡者は、国に報告され厚労省の発表によると1300件ほど。自治体や医療機関から国に報告されていない事例もかなりあるようで、ワクチン接種からもうすぐ一年経つが、ワクチンの副反応についてはほとんど調査も報道もされない現実がある・・・。

今でこそコロナワクチンが未だ治験段階であることを多くの人が知っているが、ワクチン接種前にきちんと治験であることを知らされていたなら、どれだけの人がワクチン接種を控え、副反応に悩まされずに済んだ事実を考えると、国や医療機関、マスコミの責任は大きいと思う。

新型コロナというパンデミックに対し、当然未知のことも多々あると思う。国民の為だと本気で思い、実施した医療機関や自治体もあることだろう。

ただ、今回の森友裁判の決着の仕方や国交省の統計書書き換えなど、あまりにも国や行政としてやることが酷すぎると思う。勿論、高い志を持ち、国家国民のために日夜頑張ってくれている政治家や官僚がいることも十分承知している。東京新聞の望月衣塑子さんのような真のジャーナリストがいることも知っている。

でも今、日本という国は完全に機能不全に陥っている。

1970年代、サンキストのオレンジに日本で禁止されていたOPPやTBZなどの薬品が検出されたとして当時の農林省が海洋投棄をさせたことがニュースになった。国が国民を守ってくれたのだ。が、数年後、対米配慮か何か知らないが、厚生省がそれらの薬品を食品添加物として許可し輸入再開。58年の人生を振り返れば、どうもこの頃からこの国はおかしくなり始めたのではないだろうか。そして遺伝子組み換え作物、危険な薬品(化学物質)等、世界のゴミ捨て場に化した日本がある。

 

日本という国は素晴らしい国だと思いたい。

日本人は優しくて思いやりがあって勤勉で正直な人種だと胸を張って言いたい。

いつかそう思える未来が来ることを願って・・・。

 


The following two tabs change content below.

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。