おはようございます。橋本浩です。今日はこんな話しをしたいと思います。


世の中の流れは「競争」から「共生」へ徐々に変化している…

この話を初めて知ったのは、もう20年くらい前です。

その時は『へぇ〜』くらいに思っていましたが、

これは別の角度からみてみると、今の社会的に認知されている占星術でいう、

 

『地の時代』から『風の時代』への変化です。


この2020年末がまさに転換期であり、それから200年あまり風の時代は続きます。

 

地の時代とは、権威の時代。

肩書きやヒエラルキーなどが力を持ち価値を感じた時代。

高学歴がすごいとか、会社が大きいとか、組織が大きいことがすごいとか。


風の時代は個性の時代。

今までの権力やマスの価値観が力を失い、個性の解放と輝きが大切になっていきます。

誰もが世界で一つだけの花であることを内面の奥で自分自身を認めることで、

キラキラした本当の自分へ開花していきます。

 

『共生』を頭で考えてしまうと、


『共(とも)に生(いきる)とは「全てが一つ」なんだから、

みんなで同じ思想を共有して一致団結し、世の中を変えて行こう!』

みたいなことを目指して取り組んでいきます。


しかしこれは、自分たちの考え方が正解で、

そう考えない人は間違っている…というような

善悪を決めていることに気づきます。


自分自身の考え方を他人に押し付けて、

無理矢理変えさせようとして、

自己の確立を目指しているのですね。


自分自身の発信が「きっかけ」になることがあるかもしれませんが、

相手が変化する時は、相手自身が必要なタイミングで起こります。

 

【自分自身の考え方を発信することは大切】


それは宇宙にオーダーを出すようなもので、自身の周波数帯で起きる事象を引き寄せるからです。

近い周波数や考え方の方々と共鳴して、増幅するでしょう。


一方、全く違う考え方の方々がいるとして、


その方々も同じように共鳴して増幅するでしょう。


2020年は2極化が進んでいます

(=自身の発する波動周波数が現実を引き寄せていくことに気づいた人が増えてきました)が、

それを認め合うことが、本当の『共生』であると気づきました。

(目には目の役割があり腸には腸の役割があるかのように)


そして、これから(2021年から)は、

より多極化=無極化=個性を認め合う時代【風の時代】に入ります。

 


<来年を迎えるまでに意識して取り組みたいこと>


各々がいろいろなタイミングで、

【すでに有るモノ・コト・ヒト】に一つ一つ感謝して過ごしていけば、

その一つ一つがエネルギーを持ち、波動が共鳴していきます。

一つ一つは小さなことに感じるかも知れませんが、

それはコツコツと積み上がり、やがて大きな流れを生み出していきます。


安心、ほっとする、リラックスする、好きなことをする、無になる、

 

が自分自身のハイヤーセルフのエネルギーと同じ。

 

私たちは、ハイヤーセルフの意識で、

この3次元の地球を歩く、初めての文明になることでしょう。


これからが、楽しみですね(^^)


伝わっていますか?


//

 

この話しを読まれて、『そうそう!楽しみ〜』

と思う方々とは私は波動が共鳴し現実を引き寄せ、


『何か分からない、それは違う』と思う方々は

そう思う方々の波動と共鳴して現実を引き寄せていく


ただそれだけであり、

これからは自分とは意識や考え方が違うその存在と

戦わずにそれを認め合うとうまくいく世界です。

 


【自分の波動が自分自身の現実を作り出していきます】


The following two tabs change content below.
アバター

橋本浩

取締役
好きな言葉 「人は花になれる!」周りを和ませ心を笑顔にさせる力がある花、私も花になれるように生きていきたいです。 「一隅を照らす」そんな生き方を目指しています。 北海道岩見沢市生まれ。岩見沢東高等学校卒、北海学園大学経済学部卒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です