ブログ

やっぱりウェブサイトは必要です

こんにちは。橋本です。

2020年には50歳以上の女性が女性の50%を超える時代ですが、アプリを活用したり、スマホ検索で必要な情報を入手したり、今やスマホを使いこなす50代以上の方々も、当たり前になってきました。

ウェブサイト(ホームページ)の必要性とその機能性は、日々進化しているようです。私たちの勧めているサイトのレスポンシヴデザインは、やはり有効です。

レスポンシヴデザインとは、ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、スマホなど)に関係なく、同じURLで画面サイズに応じて自動的に表示を変えることができるのです。

通常のPCサイトと別にスマホ専用のサイトを作ることはオススメできません。業者によっては、2つのサイトを作るとして作成費用を1.5倍~2倍請求するという話も聞きます。

レスポンシヴデザインで作成すると、もちろん制作費用は1サイト分です。2つの別サイトの場合、PCサイトで出来る機能がスマホサイトではできないなんてこともあります。

そしてなにより、ユーザビリティが悪い。例えば、スマホのプラウザでスマホサイトをブックマークして、自宅のパソコンでそのブックマークサイトを開くと「おや?」となります。



昨年秋に発表されましたが「ウェブサイトを含む今後のインターネットメディアは静止画主流から動画主流へとなる」との業界推移。時代の流れですね!

それに対応し、弊社では他の動画配信サービスに頼らずとも、独自で超高画質動画配信が可能になるウェブサイトの作成をオススメしています。

なによりも、サイト内で動画が止まらず、サクサクと軽快に動きます。

サロンや店舗、企業から発信する内容、方法、ビジュアルも大きく変わっていきます。

今後の動向は、ブログ記事の文章は動画の補足的文章へと役割が逆転していきますので、投稿作業が楽になり、

且つ、ユーザーを飽きさせずに楽しませることが簡易になりますね。
また、ページ・ブログ・店販品など、サイト内の各コンテンツビューが独自性を持つことにより、メリハリと他ページへの誘導効率が高まります。
弊社の自負は、その実利にもあります。

昨年リニューアルしたサイトでは、ウェブ予約が2倍になったというサロンもあります。

ブログしかない方、フェイスブックしかない方、是非ウェブサイトを作成してみませんか?

ご相談ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  2. フラットボタン-red今年のGWは前半2泊のキャンプ。
  3. 2018.5.2

    ITの敵?
    GW前半の連休明け、朝パソコンを立ち上げると会社のインターネットの接続が出来なくなっていた。
  4. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  5. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と...

カテゴリー

アーカイブ