ブログ

ガン細胞は酸性がお好き

image

水溶性ケイ素を体内に取り込む意味の一つとして、こんな情報はいかがでしょうか?

癌細胞は「アルカリ性の環境」では生き残ることができません。
「酸性の環境」は癌細胞の成長を促進しますが、「アルカリ性の環境」は癌細胞の成長を阻害します。
癌の予防や改善には、体内を酸性に傾ける食事を控えて、体内をアルカリ性に維持できる食事を取ることが大切です。

「癌細胞と pH の関係」については、

pH が7.4をわずかに超える環境(弱アルカリ性の環境)では、癌細胞は休眠状態となり、pH8.5以上の環境では、癌細胞は死にます。

 癌細胞は、酸性環境(pH5~6)でなければ生きることができない」ようです。

 癌患者さんの体内は『乳酸アシドーシス(乳酸が蓄積した結果、血液が著しく酸性に傾いた状態が生じいて、「酸性に傾いた」状態になっています。
特に、癌細胞は「乳酸」の蓄積による「アシドーシス(酸性度が高くなり過ぎた状態)」の塊となっており、癌はこの『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長していくのです。
癌細胞は『乳酸アシドーシス』の無限発生装置と化していますから、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善しなければ、癌患者さんの体内はいつまでも「癌細胞が成長しやすい酸性環境」に汚染され続けるでしょう。
癌患者さんは、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善する意識を持たれたほうが良いようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. cl-blog
    大切なペットのために毎日のフード、おやつ、飲み水やお部屋の空気…大切なワンちゃんネコちゃんのため...
  2. 9/17-18はヘッドスパ全国コンテストで優勝された日本一のヘッドスパニスト、濱口奈央先生のヘッドス...
  3. 6日未明の北海道地震からまる5日が過ぎた。まだ油断はできないが余震も大分収まってきた。
  4. 昨日未明に起きた地震の影響で、9月7日金曜日現在も弊社のある札幌市西区宮の沢地区は依然停電が続いてお...
  5. 仙台出張の際、新しい商品のご紹介もかねて、お取引先のアトリエパドクワさんを訪ねる。

カテゴリー

アーカイブ