ブログ

ガン細胞は酸性がお好き

image

水溶性ケイ素を体内に取り込む意味の一つとして、こんな情報はいかがでしょうか?

癌細胞は「アルカリ性の環境」では生き残ることができません。
「酸性の環境」は癌細胞の成長を促進しますが、「アルカリ性の環境」は癌細胞の成長を阻害します。
癌の予防や改善には、体内を酸性に傾ける食事を控えて、体内をアルカリ性に維持できる食事を取ることが大切です。

「癌細胞と pH の関係」については、

pH が7.4をわずかに超える環境(弱アルカリ性の環境)では、癌細胞は休眠状態となり、pH8.5以上の環境では、癌細胞は死にます。

 癌細胞は、酸性環境(pH5~6)でなければ生きることができない」ようです。

 癌患者さんの体内は『乳酸アシドーシス(乳酸が蓄積した結果、血液が著しく酸性に傾いた状態が生じいて、「酸性に傾いた」状態になっています。
特に、癌細胞は「乳酸」の蓄積による「アシドーシス(酸性度が高くなり過ぎた状態)」の塊となっており、癌はこの『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長していくのです。
癌細胞は『乳酸アシドーシス』の無限発生装置と化していますから、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善しなければ、癌患者さんの体内はいつまでも「癌細胞が成長しやすい酸性環境」に汚染され続けるでしょう。
癌患者さんは、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善する意識を持たれたほうが良いようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. お盆休みも終わり、今日から通常営業。
  2. 美容師体験今日はお取引サロンで美容師体験会がありました。
  3. ラインハルト「ミッターマイヤー、卿(けい)はどう思う?」ミッターマイヤー「ハッ。
  4. 橋本です。
  5. 今年はやはり天候が変だ。

カテゴリー

アーカイブ