ブログ

お風呂のお湯は冷めてから排水しましょう!

イランで53.7度を記録

 

世界気象機関(WMO)は4日、5月から欧州、中東、米国などを襲っている熱波は引き続き勢力を維持し、6月後半にも各地で記録的高温をもたらしたと発表しました。

イランで、アジアや欧州などを含む東半球の観測史上最高気温に並ぶ53.7度を観測、米カリフォルニア州でも気温が50度を超すなど「人体に危険なレベルになっている」と警告しています。

 

WMOによると、6月29日にイラン南西部アフワズで53.7度を記録。昨年7月にクウェートで、今年5月にはパキスタン南西部の町で観測した東半球最高気温の約54度に並ぶ高温となりました。

毎日新聞 2017年7月5日 08時11分(最終更新 7月5日 11時13分)

これから日本列島も猛暑日・真夏日が続くことが予想される季節となりました。

私たちが出来ることであまり知られていないのが「お風呂のお湯は冷めてから排水しましょう」ということです。一部の環境団体では早い時期から提案しています。

それは、下水処理場では、家庭排水の水温を下げる機能はないためです。家庭排水は下水処理場で処理されて川や海に流されます。

海水温の上昇を少しでも軽減できる「ハチドリのひとしずく」かもしれませんが、コストをかけることなく、意識するだけで、誰でも実行可能です。

地球に優しい配慮をしたいものですね!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ